1002893_419053868211240_651875321_n

 

 

私の仕事は問題解決コンサルタント。

ひとことで言うと、あなたが期待する結果を最速で実現する支援者です。

 

本題に入る前に、ひとつ確認しておきたいことがあります。

それは「問題とは何か?」ということです。

私の答えは「問題とは期待する結果と現実の差がある状態」。

困ったことと問題は同じように語られることが多いですが、

期待する結果を持たない困ったことと問題は

解決方法が大きく異なります。

 

困ったことと問題はイコールではない。

このことだけは肝に銘じてください。

 

問題解決で最初にやるべきことは、

期待する結果と現実の差を明らかにすること。

まずは期待する結果を明らかにする。

次に期待する結果と現実の差を埋めるために

何をすればよいかを洗い出して、行動計画に落とし込む。

最後に計画に沿って結果が出るまで行動を続ける。

たったこれだけで、ほとんどの問題は解決します。

 

解決できない問題の多くは、

①差を埋めるための行動ができない

②結果が出るまで行動を続けることができない

この2つが原因です。

この2つをどうやってクリアするか、それが私の腕の見せどころです。

 

 

私のところに相談にいらっしゃるお客さまは、二つのタイプに分けられます。

「目の前の問題、どうにかしなきゃと思っているけど、何をしたらいいか、わからない」

「やりたいことがいっぱいあって、何から手をつけたらいいか、わからない」

能力も、やる気も、人望もある。

それなのになぜかうまくいかず、思い余って私のところに相談にいらっしゃいます。

 

私は相談を受けるとき、3つの誓いを胸に秘めてお客さまと向き合います。

①相手を丸ごと受けいれる

②とことん相手を信じる

③相手がその気になるまでアイデアを出し続ける

 

そのおかげもあってか、相談を終えたお客さまに、

こんなふうにおっしゃっていただけました。

・悩みが解決し、また不安が解消され、晴れ晴れとした気持ちになりました。

・気持ちを楽にさせることにより、新たな発想もポンポン出てくるようになりました。

・軸がしっかりし、自信が持てました。

・自分のやるべきことや優先順位が明確になり、すぐに走り出せる状態になりました。

・やるべき事が整理され、具体的な行動が見えました。

 

そうおっしゃるお客さまの表情は、スッキリして、自信が甦って、

やる気に満ちあふれています。

 

 

「わかりました、やってみます」

この仕事をやっていて、お客さまから言われて一番嬉しい言葉です。

 

この言葉は、お客さまが問題と本気で向き合って自分で解決する!

と決意した証。

お客さまの迷いの霧が晴れて、やる気のスイッチが入ったことを

実感できる瞬間でもあります。

 

 

「わかりました、やってみます」

この言葉をお客さまから引き出すために、今日も目の前のお客さまを

丸ごと受けいれて、とことん信じて、その気になるまでアイデアを出し続ける。

 

それが問題解決コンサルタント 大谷更生です。