本日4/10(月)はテレコムセンターで大手IT企業の新入社員研修講師、3年目の登壇となります。
私の担当は仕事の心構えを伝授すること。
まっさらな新社会人に何を伝えたいか?と考えたとき、今日のテーマが出てきました。

上司、先輩にかわいがられる3Sとは?

①素直
②正直
③叱られ上手

①素直
素直な人は、相手から
「こうしたほうがいいんじゃない」
と言われたら
「わかりました」
と言って、すぐに実行します。
相手の言葉が好意からのアドバイスであっても、悪意からの批判であっても関係ありません。
素直な人は、相手が誰であれ
「自分のためを思って言ってくれている」
そう感じているから
「わかりました」
といってすぐに実行することができます。
素直でない人は
「こうしたほうがいいんじゃない」
と言われても
「えー」「でも」「だって」
のあとで、やらない理由を語りはじめます。
そう返されたら、好意でアドバイスした相手から
「あいつは言っても聞かないんだ」
と思われて、次からは何も言われなくなります。
もしあなたが、最近アドバイスされたことがないと感じていたら要注意です。
周りの人はあなたにアドバイスがないのではなく、アドバイスしたくない、アドバイスしてもしょうがない、と思っているかもしれません。

②正直
正直な人は、ウソをつきません。
正直な人は仕事でトラブルが起きているのに気づいたら、お客さまや上司にすぐ報告します。
どんなトラブルが起きているか、いまどんな状況か、どんな対策を講じているか、トラブルが発生した原因など、現時点で自分が知り得る情報を包み隠さず伝えます。
間違っても
「○○のせいでトラブルが起きました」
といったような責任転嫁の発言はしません。
自分に不利なことも隠すことなく誠実に対応する正直な人の姿に、相手は信頼感・安心感を覚えるのです。

③叱られ上手
叱られ上手とは、見込みのある人です。
叱ると怒る、一見すると同じように見えますが、意味が全然違います。
叱るというのは二度と同じ過ちを繰り返さないように相手のためを思って厳しく接すること、怒るというのは感情のおもむくままに爆発させた状態です。
あなたがもし叱られたとしたら、がっかりしたり落ち込むのではなく、相手が自分のためを思って真剣に接してくれた、と逆に喜んでください。

上司、先輩にかわいがられる3S
①素直
最近アドバイスを受けたのは、いつですか?
②正直
自分に不利になるかもしれないことも、隠さず報告していますか?
③叱られ上手
最後に叱られたのは、いつですか?