私が型を使う目的は、確実に60点を取りにいくため。
イメージは、大学の成績評価の優・良・可・不可でギリギリ良が取れるレベルを目指しています。

型を使わず自由に作ると、100点も狙えますが、狙いを外してしまったら0点となる可能性も少なくありません。
型を使うことで、100点を取る確率は下がりますが、60点を取れる確率は確実に上がります。

そんなことを考えながら、複数のセミナーを現在運営なさっていて来月に私のセミナーを主催してくださる方に、セミナー案内作成に必要な情報を網羅した型を作って先ほど提案しました。

①タイトル
②キャッチコピー
③想定受講者
※選択式
□こんな方にオススメ
□こんなことで悩んでいませんか?
④受講効果
⑤日時
⑥場所
⑦内容
⑧講師プロフィール
⑨参加費
⑩定員
⑪持ちもの
⑫必要備品
※選択式
□ホワイトボード
□プロジェクター
⑬配布資料
※選択式
□なし
□講師準備
□事務局準備(開催日2日前12:00までに必ず提出)
⑭補足

この型に沿って、私は『チラシ作成講座』を提案しました。

①タイトル
お客さまに選ばれるチラシ作成講座
②キャッチコピー
デザインやセンスがなくても、お客さまの記憶に残るチラシ作成の秘訣を伝授します
③想定受講者
■こんなことで悩んでいませんか?
・チラシを作らなきゃと思っているけど、何を書いたらいいかわからない。
・チラシ作りは外部にお任せ。知識がないので、不満があってもうまく伝えられない。
・最近チラシへの反応が鈍いが、下手に変えてさらに反応率が下がるのが怖い。
④受講効果
・チラシを作る目的が明確になる
・業務の合間に自分でチラシが作れるようになる
・今まで気づかなかった、自社の商品やサービスのアピールポイントに気づくことができる

一定以上のレベルに確実に仕上げたいならば、型を使うのがおススメです。