昨年購入した『真経営学読本』(著者:福島正伸さん)、1年ぶりに読み返してパワーもらえました。

もう一度やってみようという気になるネタ

◆相手の想像を超えた時、相手が変わる
諦めることなく挑戦し続け、相手が「まさかここまで」と言ってくれた時に、相手は変わるのです。
この瞬間、私の中にはすごい経営資源があることがわかりました。
それは「努力」です。
「努力」という無限の経営資源を使えばいいのです。
相手の想像を超える努力をすれば、批判的だった人でさえ、逆に支援者になってくれるのです。

◆知恵とアイデアは無限に出る
やり方は100万通りあるのです。
私は、制約条件がどうの、壁がどうのと、つい考えてしまいましたが、今までと同じやり方でやろうとするから制約条件が生じたのです。
制約条件は、「今までのやり方では通用しませんよ。新しいやり方を見つけてください。それは飛躍するチャンスですよ。成長するチャンスですよ」ということを私に教えてくれていたのです。
つまり制約条件とは、誰もが思い付かないやり方を見つける「成長条件」であり、「成功条件」だったのです。

◆権限
誰もが、権限を持っている人を動かす権限を持っています。
自分の中にある「努力」という権限は、「いわゆる権限を持った全ての人たちの心を動かし、その人たちの意思決定を変える力」を持っているように思います。

◆世界一になる方法
世界一になりたいのなら、「世界一になる!」と最初に決めてしまえばいいのだと思います。
つまり、始める前に結果を決めてしまうのです。
そして、「世界一」の意識を「今」持つことです。
みんなが諦めても、自分だけは諦めないという決意を「今」することです。
「世界一」という結果は、物事にどうかかわるのか、その意識の持ちようがつくりだすものではないかと思うのです。
そして、この考え方は、「どうしたら夢が実現できるのか」ということにも通じるものだと思います。

◆不可能
私は、人間は無限の可能性を持っていて、どんなことでも実現できると考えています。
ですから、人間に不可能なことはないと思います。
もし、「不可能」だと思ったとしたら、それは勘違いです。
私たちが持っている無限の知恵とアイデアと可能性を引き出していけば、すべての物事が可能になると思います。
可能か不可能かは、人間が持っている無限の可能性を信じるか信じないか、それだけの違いではないでしょうか。

◆自立型姿勢
自立型の姿勢には、二つの特徴があります。
一つは、「その人の環境や条件は一切関係ない」こと、もう一つは、「決して諦めず自ら能力と可能性を最大限に発揮して道を切り開いていく」ことです。

◆欠点
私は、欠点というものは、他人とつながるため、応援し合うためにあるのだと思います。
人は、自分一人で何かをやろうとしても、欠点がいっぱいあるために、なかなかうまくできません。
しかし、もし自分にないものを周りから集められるようになれば、できなかったことが、スピーディーに、何でもできるようになります。
では、どうしたらそれができるようになるのでしょうか。
それは、「自分が、ほかの人のために何ができるのかをいつも考える」ようにすることだと思います。

◆人を育てる
人を育てる時に、大切なことが二つあります。
この二つが明確になっていないと、人を育てることはできません。
一つは、人が完全に育った状態、つまり究極の人間の状態とは、どういう状態なのかを明確にすることです。
もう一つは、ゴール(人が完全に育った状態)にたどり着くためのやり方を明確にすることです。

◆信頼
人は、自分を受け入れてくれた人を受け入れ、自分を信じてくれた人を信じます。
まずは、上司が部下を受け入れ、一生涯付き合う覚悟を持つことが、信頼関係のベースになるのだと思います。