昨年12月から毎日ブログ更新を開始して、本日で56記事目。
おかげさまで毎日更新は途切れずに続いています。

このブログで決まっているのは『大谷更生が今日書きたいことを書く』ことだけ。
記事の書き溜めはせず、どんなに予定が詰まっていても、その日に思いついたホットなネタを書いています。

どうやったら毎日ブログを書き続けることができるか?
今回はブログを毎日書けない方が抱える3つのハードル
①ネタがない
②書けない
③反応がない
を乗り越える処方箋をお届けします。

①ネタがない
どうすれば、ネタがないを解消できるか?
答えは『インプットを増やす』。
インプットは大きく分けると3種類です。
1)人
人に会う
2)場
イベントに参加する
3)本
本を読む

毎日ブログを書くようになったおかげで、以前より人と会う機会を作ったり、積極的にイベントに参加したり、時間を作って書店や図書館をウロウロするようになりました。
コップに水を注ぎ続けるとあふれるように、ある程度インプットすれば、ネタはいくらでも見つけられるようになります。

②書けない
どうすれば、書けないを解消できるか?
答えは『パターンを決める』。
私が書いた過去55件の記事を改めて読み返したところ、こんなパターンがあることに気づきました。
よかったら、参考にしてみてください。

1)興味を惹きそうなタイトルをつける
例:
主催1/2の法則とは
http://otani-kosei.com/event-make/
やる気が出ないとき、どうする?
http://otani-kosei.com/2017/01/06/motivation-keep/

2)常識を否定する
例)
お客さまは満足したら商品を買ってくれる、また来てくれる、そう思っていませんか?
それは大きな誤解です。
http://otani-kosei.com/misunderstanding/
例)
「妻の選択は常に正しい」とは、妻は絶対だ、妻に従いなさい、妻の言いなりになりなさい、ということではありません。
http://otani-kosei.com/right-choice/

3)3つのポイント
例:
①共感 ②納得 ③再現性
http://otani-kosei.com/influence-10minutes-speech/
①誰に ②何を ③メリット
http://otani-kosei.com/planmake-3point/

③反応がない
どうすれば、反応がないを解消できるか?
答えは『拡散する』
考えられる全ての手段で記事をアップしたことを知らせてください。
私はブログを更新したら、こんなふうに拡散しています。
◆フェイスブックページ『大谷更生総合研究所
⇒ダイジェスト版を翌日20:00に予約投稿
フェイスブック個人ページ
⇒ダイジェスト版を翌々日午後に投稿
◆メールマガジン月刊「大谷更生」
⇒毎月7日にアクセスランキングベスト3を紹介
30記事を超えたくらいで徐々に反応は上がってくるはずです。

毎日ブログを書き続けるための処方箋
『インプットを増やす』
『パターンを決める』
『拡散する』
何か一つでもお役に立てたら嬉しいです。