嫌なことはしないとは
・がんばらない
・一生懸命やらない
・努力しない
ということではありません。

不快なこと、心地よくないこと、してほしくないことはしない、ということです。

なぜ、このテーマと向き合おうと思ったか。
きっかけは4/30(日)、コミュニティデザイナーの中村薫さんが講師を務めたセミナーでした。

セミナー中のワークで問いかけられた「二度と行きたくないコミュニティは?」
いろいろ出てきました。
私の口から出たのは『大事にされていない』
具体的には、こんな様子です。
・放置プレー
・言葉が機械的
・ぞんざいな扱い
・常連で固まっていて馴染めない
・初心者を見下す態度

入口に常連が固まっていて入りにくい飲食店を思い浮かべていただくと、イメージが湧きやすいのではないでしょうか。

具体的な状況を挙げているとき、ハッと気づきました。
これって1対1でも一緒だ。
慌ただしさにかまけて、相手が「大事にされていない」と感じることがないように、一つひとつの言葉や態度、行動を丁寧に気を配ろう、と改めて思いました。