自分を客観視すること、あなたはやっていますか?
私は自分を客観視する機会を強制的に設定しています。
具体的には動画セミナーの撮影です。

取引先・上司の信頼を獲得する報連相のコツ


を収録した、株式会社アイ・ラーニング様が提供するeラーニングサービス「マイラ」で先日、新たな動画セミナーを収録しました。

◆仕事の効率をアップするダンドリ術

◆相手の信頼を獲得する自立型問題解決思考

収録した動画データが届いたので、さっそく確認したところ、気になるところが多々ありました。

仕事の効率をアップするダンドリ術

セリフを噛んだ2箇所
00
2:50「決断力」
06
2:20「見込みがある」

スライド差替1ページ
解説した事例とスライド表記が不一致

相手の信頼を獲得する自立型問題解決思考

セリフを噛んだ4箇所
01
1:32「もっと取引してほしい」
06
0:02「自立型人材になるために」
3:58「起きた出来事を」
07
1:01「問題タイプの認識」

無意識のくちグセ削除
01
2:28「はい」
02
3:58「はい」
03
3:31「また」
3:39「であったり」
4:29「あの」
5:33「その」
5:38「その」
04
2:31「で」
05
0:20「その」
0:58「その」
2:33「はい」
3:23「これ」
4:42「もうもう」
06
2:28「うーん、あの」
07
2:16「まー」
2:28「はい」

言葉に詰まったところ1箇所

予想以上に無駄な言葉を口にしていたことがわかり、ショックでした。
自分が話している動画を見るのは正直とても苦痛です。
それでも、まだまだな自分と直面することで今後のレベルアップにつながると思い、目をそらさずチェックしています。

自分を客観視するために動画を撮る、オススメです。