昨日3/31(金)は年度末のプレミアムフライデーということで、大内優さんを囲むお花見に参加してきました。
このイベントは3/18(土)に事務所が火災に遭った大内さんを励ます目的もあり、イベントが立ち上がったのが開催6日前にも関わらず、30名を超える方が集結しました。

このイベントで私が注目したのは幹事の富士サンペイさん。
会場手配から協賛品募集、当日の進行、そして雨で急きょ当日に会場を変更する事態が発生したにも関わらず、スムーズな対応のおかげで楽しく充実した時間を過ごすことができました。

なぜ、このイベントが急きょ立ち上がったにも関わらず、大きな問題なく和やかに執り行われたのか。
それは幹事のサンペイさんが、私が前々から考えていた『幹事三原則』を守ったからではないかと勝手に思っています。
幹事三原則とは何か?
①まめな対応
②もれなく対応
③公平な対応

①まめな対応
会場や時間、参加費など、変更が発生したら、すぐにイベントページを更新。
イベントページを見れば確実に最新情報を把握することができました。
メッセージを送ったら、すぐに返信が届く。
打てば響くとは、このこと。
ご自身が心身ともに一番疲れているであろうイベント翌朝に、サンペイさんから届いた相手を気遣うメッセージ、とても嬉しかったです。

②もれなく対応
イベントに書きこまれたコメントには、大内さんと連携してタイムリーに返信コメントを入れる。
あうんの呼吸すばらしかったです。
詳しくはイベントページ↓のディスカッションをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/307277033022203/

③公平な対応
はじめましての方にも、おなじみの方にも
著名な方にも、そうでない方にも
最初からいる方にも、ちょっとだけ顔を出した方にも、終了間際に合流した方にも
どんな方にも分け隔てなく、適度な距離感で対応なさっていました。
初対面同士でも打ち解けて話ができたのは、サンペイさんのさりげない気遣いと場創りのおかげだと思います。

そんなサンペイさんの呼びかけに応えて、私も微力ながら協賛品を提供しました。

3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと (アスカビジネス)
恐妻家の掟
幹事三原則が守られているイベントには安心感が生まれます。
任せて安心!
私もサンペイさんとだったら何か面白いことができるんじゃないかと感じました。

イベントが上手くいくか否か、幹事の力は偉大ですね。