9/21(木)はDAFでお世話になっている西澤一浩さんが講師を務める『ライブトークを盛り上げたい!演奏家のためのMC講座at東京』に参加してきました。

講師はお二人。
メジャー系な高畠郁子さんとインディーズ系な西澤一浩さん

高畠郁子さん


内田 奈津子さんのフェイスブックからお借りしました

◆MCのアイウエオ

明るい声で

いつもよい姿勢で

うれしい気持ちで
自分が大好きなものを思い浮かべる

笑顔いっぱい
口角を上げる


お辞儀も大切に
言葉とお辞儀を分ける
床におしゃべりしない

◆お客さまが話したいことを話す

◆話し方
シチュエーションに合わせる
相手に合わせる
聞いてくれる人がどういう気持ちになるか?

◆緊張
あがらないと頑張れない
緊張する=頑張れる

◆MCはコンサートのまゆげor額縁

眞喜屋実行さんのフェイスブックからお借りしました

西澤一浩さん

DAF9のオープニング映像を見ながら解説

3つのポイント
①自分の言葉で話す
まずはパクり
インプットを自分のフィルターを通してアウトプットする

例1)
写真撮影、動画撮影、どんどんやってください
※通販番組からパクり

お願いします

皆さんが撮らないと先に進まない

フェイスブックにアップしてください

アップしない人は、画像を何に使っているの?

教訓
「ひとこと加えるだけで人は動く」

例2)
9/9(土)、今日は何の日?

北朝鮮の建国記念日

ミサイル

言葉が引き寄せる

名言「死ぬ気でやれよ、死なないから」47歳で死去

「今日は死ぬ気で頑張ろう」

②アクシデントやハプニング
絶対あるから冷静に対処する
⇒ネタに変える

③気にしすぎない
姿勢、活舌、発声など

高畠さんと西澤さん、同じメッセージがある一方で、正反対のメッセージもありました。
選択の自由、goodです。

緊張したら深い呼吸(高畠さん)、心がけます。

最後の1分間MC、めっちゃ緊張しました。
新鮮な体験ありがとうございます。