「実現したい夢があるけど、何から手をつけたらいいか、わからない」
もし、あなたがこんな悩みを抱えていらっしゃるなら、まずこのフォーマットで自己紹介を作ってみてください。

なぜ、このフォーマットで自己紹介を作ると夢が実現しやすくなるか。
ここで作った自己紹介をいろんな方に伝えることで、夢の実現に向けた行動がしやすくなるからです。
一つひとつの行動の積み重ねが、夢の実現に直結します。

『私ができること』を伝えることで、あなたのスキルやノウハウを必要としている方から
「ちょっと手伝ってほしい」
「助けてほしい」
「書いてないけど、◆◆はできますか」
といったように、あなたのスキルやノウハウを発揮する機会を得ることができます。
機会を得たことで、あなたのスキルやノウハウは磨かれ、どんどんバージョンアップ。
もしかしたら、あなたの新しい仕事の柱になるかもしれません。

『助けてほしいこと』を伝えることで、
「それだったら●●さんが詳しいですよ」
「この本にやり方が書いてあります」
「こんなふうにやってみたら」
といったように、悩みや問題を解消できる知識や経験を持った方からアドバイスをもらうことができます。

『できること』や『助けてほしいこと』は、大きなことを書く必要はありません。
『できること』は自分では当たり前にできるけど、他人に言ったらビックリされることでバッチリです。
『助けてほしいこと』は深刻な悩みではなく、ちょっとした困りごとを書くといいでしょう。

2009年に作った私の名刺には、こう書いてありました。

<<私にできること>>
1)相手の話を最後まで聴く
2)突っこまれる名刺作成
3)出版「情報整理術」
4)2006年ホノルルマラソン 4時間26分3秒で完走
5)毎朝5時起き⇒朝7時~ミーティング
6)勝手に応援

<<助けてほしいこと>>
1)機密書類(ダンボール3箱分)処分
2)ダイビング機材リサイクル
3)パワーストーン浄化

 

もうひとつ大切なのは『ささやかな夢』
人は困っている人を見ると助けたくなる。
これは本能です。
『ささやかな夢』を伝えることで、実現に向けたアイデアやアドバイス、サポートを得ることができます。

私は会社員時代、名刺に『未来の自分』を書いたことで、
◆2010年 会社卒業⇒独立
しっかり未来を創ることができました。

残り2つも、まだあきらめていません。

このように作った自己紹介ネタは、名刺やプロフィールなどに活用することができます。

『未来を創る自己紹介』、ぜひ取り組んでみてください。