最近いろんな方とお会いしていて気づいたことがあります。
それは、ホンモノとニセモノには、明らかな違いがあるということ。


といっても見た目や雰囲気だけで判断できるわけではありません。
目の前の相手がホンモノかニセモノかを判断するとき、私は次の3つに注目しています。

①言葉

アドバイスが具体的かどうか?
ニセモノはアドバイスが抽象的、あいまい。
違ったときに言い訳できるように逃げ道を作っている。
ホンモノはアドバイスが具体的、行動レベルに落とし込まれている。
具体的に表現することで退路を断つ、覚悟を持っている。

②主語

ニセモノは自分で「ホンモノだ」と言う。
ホンモノは周りが「ホンモノだ」と紹介してくれる。

③態度

ニセモノは反論されると逆ギレしたり不安をあおったりする。
ホンモノは反論されても動じない。
相手が納得するのが先か、自分があきらめるのが先か。

ホンモノには余裕があります。
私もホンモノに近づけるよう、一つひとつ丁寧に態度・言動・行動を積み重ねていきます。