3/17(土)は福島正伸・栗城史多W講演会&夢対談に参加してきました。

講演テーマは『あきらめないとは どういうことか?』
栗城史多さんの講演は、この動画から始まりました。



栗城さんのお話で一番印象に残ったのが、お父さまの言葉。
マッキンリー登頂へ向かう空港でかかってきた電話。
「お前を信じているよ」
周り全てに否定され続けた中で、父のこの言葉がなければ、マッキンリー登頂をあきらめていたかもしれない。

そのエピソードを聴いて、私も同じ経験をしていたことを思い出しました。


自信たっぷりな子ども時代。
中学3年生のときに告白して失恋しても、なぜ自分がフラれたのかがわからないくらい、自分に自信がありました。

なぜ、私はそこまで自分に自信があったのか?
答えは両親の教育でした。
私は両親から一度も否定やダメ出しをされたことがありません。

私が子どものころ、父は紳士服の仕立て職人、母は着物の仕立て職人として、ふたりとも自宅で仕事をしていました。
いま思えば貧乏で、おもちゃやマンガなどを買ったもらった記憶は、ほとんどありません。
マンガは友達の家に遊びに行って読むものでした。
その代わり、教育にお金を惜しむことはありませんでした。
そろばん、書道、柔道。
「習いたい」と言ったとき、全て「わかった」と言って、いま思えば苦しい家計の中から月謝を捻出してくれました。
そのかわりに「辞めたい」と言ったときは、とても厳しく、納得がいく理由が説明できるまで辞めることはできませんでした。

そのおかげもあり、そろばんは小学6年生の時に新潟県大会で優勝。

そして珠算1級にも合格することができました。


両親は私に、教育を通してお金では絶対に買えないものを遺してくれました。
私が続けることが苦にならない、あきらめが悪いのは、そんなところから来ているのかもしれません。