10分で相手が動くように伝える、一見難しいように思えますが、そんなことはありません。
ポイントは3つです。
①共感
どうしたら「わかるわかる」「そうだよね」と言ってもらえるか?
②納得
どうしたら「あー、そういうことね」と言ってもらえるか?
③再現性
どうしたら「自分にもできるかも」と言ってもらえるか?

2/4(土)にお邪魔した『DAF NXT4』に登場した4名のプレゼンターが教えてくれました。

小林一行さん

【素晴らしかったところ】
その場の様子が明確にイメージできる描写
例)居酒屋で注文する場面
【もっとよくなるアイデア】
小林さんのノウハウを活用した他者成功事例紹介
例)毎日ビールを5リットル飲みながら16kgやせた

前田京子さん

【素晴らしかったところ】
話のテンポが軽快で聴きやすい
【もっとよくなるアイデア】
タイトルをつける
案)幸せになるために必要な、たった一つの行動

根来有香利さん

【素晴らしかったところ】
キャッチーな単語、言葉に力がある
【もっとよくなるアイデア】
凡人でも活用できるノウハウを加える
例)どうやってお客さまの頭の中をイメージしたらよいか?

岡雅代さん

【素晴らしかったところ】
声が落ち着いていて聴きやすい
【もっとよくなるアイデア】
タイトルをつける
例)65歳で1億ためるために、やってはいけない2つのこと

終了後のホッとした様子

当日の臨場感あふれる様子は、DAF NXT主催 西澤一浩さんブログをご覧ください。
http://ameblo.jp/123daf/entry-12244713741.html

本番DAF7は3/18(土)、それまでに3つのポイントを念頭に置いて10分メッセージを練り上げます。

http://daf.pink/daf7/