自宅で仕事をしていて行き詰ったときや、昼食後に眠気が襲ってきたとき、私の一番の気分転換は近所の図書館へ行くことです。

よく利用するのは、いま住んでいる板橋区立図書館と前に住んでいた練馬区立図書館です。

私が考える図書館のメリットは5つあります。
①書店だった手に取らなかったであろう、思いがけない本に巡り合うことができる
②最新の雑誌が気兼ねなく読める
③パソコン用の作業スペースがあり、電源も使える
④会議室を借りることができる
⑤お金がかからない

図書館を利用する際、「自分が読みたい本がどこにあるかわからない」と感じている方が少なくないようですが、図書館の本はどこでも『日本十進分類法(NDC)』に分類して棚に収められています。

私がよく行くのは↓の棚
自己啓発:15X番(カテゴリー:倫理学、道徳)
経営関係:33X番(カテゴリー:経済)
マーケティング:67X番(カテゴリー:商業)

ときどき、こんな棚にも出没します。
出版関係:00X番(カテゴリー:総記)
健康系:49X番(カテゴリー:医学、薬学)
スポーツ関係:78X番(カテゴリー:スポーツ、体育)
文章の書き方系:81X番(カテゴリー:日本語)

これさえ押さえておけば、読みたいジャンルの本をスムーズに探せるはずです。

私が図書館に行く頻度が上がるのは、新しい研修やセミナーを開発するとき。
ネタの仕入れに活用しています。
気になる本があったらどんどん借りて、手元に置いておきたい本は後日書店やアマゾンで購入。
そうすることで、買ったけど期待外れだったという後悔の頻度を最小限に抑えることができます。

ちなみに今週は↓な本を借りました。
働かないアリに意義がある

くまモンの秘密

ネコがこんなにかわいくなった理由

気分転換に図書館、とってもオススメです。

もっと詳しく図書館活用法を知りたい方は↓をお読みください。
図書館「超」活用術