私が一番忘れられない日は2011年2月6日(日)。
新潟在住で2009年秋からガンと共に過ごした最愛の母チイが、AM5:45、静かに生涯を終えて永遠の眠りについた日です。
享年68歳

お通夜は翌2/7(月)、2/8(火)に告別式・出棺・骨上げ、そして実家の片づけや諸々の手続きを終えて、東京に戻ったのは2/12(土)でした。

◆2006年に結婚して妻(聖子)を紹介できたこと
◆2006年ホノルルマラソンに出たとき、ハワイに連れていけたこと
◆ガンが見つかってから月1回、目白のクリニックへ通院の際に付き添えたこと
◆2010年の年末年始、病院から一時帰宅した母と自宅で一緒に過ごせたこと
◆亡くなる一週間前に病室で、意識を取り戻した母と目と目で会話できたこと
◆父・弟・妻と最期を看取ることができたこと
どれもいい思い出として、心に残っています。

母が旅立った2/6(日)は父 正則の71回目の誕生日。
これからも父の誕生日を忘れないようにという母の配慮かもしれません。

ガンが見つかって以来、献身的に母の面倒をみていた父。
母のことを心から愛していたんだと、お通夜での父の挨拶を横で聴きながら、改めて感じました。

一周忌法要当日の2012年2月4日(土)、前日まで降り続いていた雪も、法要のときには一休み。
風は強かったですが、ときおり青空が見える中で滞りなく終了。
一周忌に間に合うように父がお墓を準備してくれたおかげで、納骨も無事済ますことができました。

一周忌法要で帰省した際に、初めて自分の母子手帳を開きました。

出産時の状態に記された”仮死産” ”仮死→蘇生” ”処置…蘇生術”。
自分がなぜ生かされているのか?
改めて向き合う一日となりました。

現在は子育てボランティアや小中学校の絵本の読み聞かせで引っ張りだこの父77歳。
元気でいてくれて、ありがとう。