①新しく立ち上げるセミナー事業で講師をしませんか?
②DVD教材を収録しませんか?
③1テーマ60分程度でEラーニングコンテンツを提供してもらえませんか?

今年に入ってから、このように今までにない依頼をいただくことが増えてきました。
これに私がどう答えたか。

①セミナー事業講師
⇒『年上部下の成果を引き出す問題解決思考』いかがですか。

②DVD教材
⇒『わたし起業の第一歩』いかがですか。

③Eラーニングコンテンツ
⇒『取引先・上司の信頼を獲得する報連相のコツ』いかがですか。

こう提案したところ、いまのところ、ほぼ提案どおりで作業が進んでいます。

先方からテーマの指定がない場合、どのように企画テーマを決めるか。
私はこの順番で考えます。
1)自信を持って提供できるテーマは何か?
2)そのテーマを求めているのは誰か?

例えば
①年上部下の成果を引き出す問題解決思考
このセミナーを求めていると想定したのは、こんな方です。
35歳、年上部下が半分以上を占める職人集団のリーダー。
リーダーになってから日が浅く、専門知識が不足していることもあって、部下に軽く見られているように感じる。
部下が指示通りに動かず、自分の判断で勝手なことをしてトラブル続出。
トラブルシューティングに追われて自分の仕事が後回し。
そろそろ抜本的な対策を打たなければと思っているけど、何をしたらよいかわからない。

②わたし起業の第一歩
このDVDを求めていると想定したのは、こんな方です。
自分の経験や学びを活かして誰かの役に立ちたい
ゆくゆくは、これでお金を稼ぎたい
でも、何から手をつけたらよいか、わからない
小学3年生の女の子のお子さんがいる、42歳女性
悩み
◆自信がない
◆アウトプットが苦手
◆気分の浮き沈みが大きい

③取引先・上司の信頼を獲得する報連相のコツ
このEラーニングコンテンツを求めていると想定したのは、こんな方です。
報連相は何となくわかっているけど、ちゃんと学んだことがない若手社員(新入社員~3年目くらいまで)

『誰に』がはっきりすると、何を伝えるかでブレなくなります。
何を伝えるかで迷ったら『誰に』に戻る。
オススメです。