「来週1/20(金)までに企画書を出さなきゃ」
「●●さんに電話しなきゃ」
「あのメッセージ返信しなきゃ」
「支払期限が明日、今日中に銀行に行かなきゃ」
「あの件、どうなったか確認しなきゃ」

日々の慌しさに流されて、やるべきことをつい忘れてしまい、土壇場になってバタバタ…

そんな経験ないでしょうか?

やらなきゃいけないことを思いついたとき、心がけていることが1つあります。
『やると決める』
まず最初に、どちらにするかを決めます。
①今すぐやる
②「いつやる」を決める

①今すぐやる
を選んだら、すぐ行動に移ります。
例えば、友人からセミナーのお誘いのメッセージが来て、そのセミナーに参加する場合
1)googleカレンダーに予定を登録する
2)申し込みフォームから申し込む
3)フェイスブックイベントの「参加する」をクリックする
4)友人に「参加します」と返信する
これを同じタイミングで行います。
「あとでやろう」は絶対に忘れます。

②「いつやる」を決める
まとまった時間が必要だったり、すぐに取り掛かれない状況だったら、「いつやる」だけを決めます。
いつやるかを決めたら、googleカレンダーのtodoリストとスケジュールに登録して、自分の予定を押さえます。

私は自分の記憶を全く信用していません。
信用していないから、記憶に頼るのではなく、記録に頼るのです。