以前、仕事で関わった方との間で「何か違う」と思いながら、モヤモヤしていたことがありました。
そのときは原因がわからなかったのですが、時間を置いて冷静に振り返ったところ、3つの特徴があることに気づきました。

①後出しジャンケン

その話題で議論をしているときは何も出てこないのに、こちらが提案したら
「それ、やってます」
「こういうの、作っているんですよね」
いろんなものが後から出てくる出てくる。

結果的に私が提案にかけた時間が全て無駄になってしまいました。
相手の時間を大事にしようとする配慮がない、そんな方とは二度と仕事で関わりたくありません。

②他責思考

他責思考とは、上司が悪い、部下が悪い、お客が悪い、取引先が悪い、環境が悪い、政治が悪いといったように、失敗の原因を自分以外に求める思考のこと
うまくいったら自分のおかげ、失敗したら周りのせい。
そんな雰囲気を言葉の端々に感じました。

うまくいかなくなったら態度が急変、そんな方とは二度と関わりたくありません。

③何でも値切る

ある業務フローを整備する必要がある、という話題になり
「対象や発生の条件が違うので、ケース毎に3つの業務フローが必要だと思います」
と理由を添えて必要性を提案したのに
「1つになりませんか」
私が業務フロー作成対価を1件いくらと提案したのが原因だと思いますが、暗に値切ってきました。

成果に見合った対価を支払う意思がなく、少しでも安くやってもらおうとする、そんな方とは二度と関わりたくありません。

3つの特徴を兼ね備えた方とは、プライベートなお付き合いも謹んでご遠慮申し上げます。