なぜ定点観測をおススメするのか。
定点観測を行うことで、自分では気づかなかった違いに気づくことができるからです。

違いに気づくことで早めに軌道修正できたり、問題が大きくなる前に対策を講じることができます。

そもそも定点観測とは何か。
辞書で調べると「変化のある事象について、一定期間、観察や調査を続けること」とあります。
といっても、張り込みをしましょう、監視カメラをつけましょう、ということではありません。
自分を客観視する機会を持ちましょう、ということです。

私がオススメする定点観測には2つのパターンがあります。
①自分で定点観測
②人の力で定点観測

①自分で定点観測
私は毎朝5:50~40分間、近所の公園をウォーキングしながら身体と心の状態をチェックしています。
重く感じるか、軽く感じるか?
痛みはないか?
気分はどうか?
ふだんとの違いを感じたら、無理はしません。
帰ってからシャワーを浴びたり、ちょっと横になったりして、早めの回復を心がけます。

②人の力で定点観測
私は5年前から毎月第一水曜日をこの日に充てています。
ポイントは同じ人から同じタイミングでチェックを受けること。

午前中は起業同期の友人と近所のカフェでマンツーマン。
お互いの近況や先月設定した課題の進捗、ときにはトラブル事例まで共有しています。
何でも話せる安心安全な場のおかげで、思いがけない発見をすることがよくあります。

午後はボディケア
ボディケアとは、身体を緩めながらストレスを抜いてパワーを入れる整体のこと。
同じ方に状態をチェックしてもらうことで
「先月よりも首が凝っていますね」
「先月よりも腿が張ってますね」
「先月よりもお腹が固いですね」
といったように自分では意識していなかった、身体から出ているサインに気づくことができます。

定点観測、オススメです。