9/30(土)~10/2(月)まで、ルネッサンス・アイズ松尾社長が主催する経営者研修『豊後路ツアー』に参加しています。

9/30(土)は仏教文化コミュニケーターの牧野宗永さんのガイドで国東半島へ。
宇佐神宮、富貴寺、真木大堂を訪れました。

本日のツアー最大の収穫は、点、すなわち学生時代に歴史の授業で学んだ事件やできごとが、牧野さんの解説を聴くことで線で結ばれたことでした。

◆なぜ宇佐神宮には三之御殿まであるのか?
◆なぜ宇佐神宮は二棟の建物が前後に接続されているのか?
◆なぜ宇佐神宮は北に開いているのか?

◆なぜ奈良の大仏が建立されたのか?
◆鹿島神宮と宇佐神宮の共通点は?
◆なぜ富貴寺は大友宗麟(戦国時代のキリシタン大名)の破壊を免れたのか?
◆なぜ富貴寺は四方の壁に薬師、阿弥陀、弥勒、如来の浄土図が描かれているのか?

◆なぜ真木大堂に国指定重要文化財の仏像が9体もあるのか?
◆如来と菩薩と天と明王の違いは何か?

知識と知識が一本の線としてつながる快感を今回のツアーで味わっています。