9/29(金)は講師勉強会に参加してきました。
勉強会のテーマは『受注できる!喜ばれる!研修提案資料の作り方』、講師は奥秋和歌子さんです。

シンプルな資料作成のポイント

1)伝えたい内容が明確
明確な資料
ワンスライド・ワンメッセージ
1枚のスライドで伝えたいことを1つに絞り込む
例)

2)無駄がない
①詰め込まない
空白を作る
②文字を減らす
図解できないか?
写真、グラフ、イラスト、チャート
③絞り込む
3つに絞る(マジックナンバー)
5つに絞る

3)マイナスの要素がない
マイナス要素をなくすコツ
①揃える
フォント:オススメは『メイリオ』
色:メインカラーとアクセントカラーを色相環でチェック

大きさ、位置
②配置する
文字と写真を関連づける
③古いものは使わない
×クリップアート
◎アイコン
icon-rainbow.com

デザインを統一化する

論理的かつ共感を生む提案資料の構成

◆理解しやすい資料の流れ
①理解
目的・ゴールを明確化する
前提を揃える
②納得
事実を伝える
③共感
所感を添える
④判断・行動
今後の話をする
ネクストステップ

◆サブタイトル
相手にとってキャッチーかどうか

◆企画書のコツ
①相手目線の課題解決
②あなたにお願いしたいと思わせること
③ゴール達成

◆聞き手がうれしい企画提案のポイント
①事業計画に合致している
②重要度高×緊急度低
③自分(聞き手)に選択肢がある
3案を提案する

プレゼンとは

プレゼンには必ずゴールがある
プレゼンのゴールは相手を動かすこと
上手に話すことでも、よい資料を作ることでもない
プレゼンを通じて先のステップに進んでもらう
プレゼンは聞き手へのプレゼント

余裕を持って仕上げて、提出前にチェックします。
奥秋さん、ありがとうございます。

講師の奥秋さん著書『効率よく作れて、パッと伝わる 一番シンプルな資料作成術