4/1(日)は賢者の会に参加してきました。
講師は『のび太でも売れます。』の著者 酒井晃士さん、テーマは「僕が本から学んだこと」でした。

※写真は夏川賀央さんのフェイスブックよりお借りしました。

酒井さんの進め方は一方的な講義ではなく、読書との向き合い方を考えさせるお題が3つ。
それぞれ書いて発表する形式でしたが、一番印象に残ったのが『読書年表』でした。
私の読書年表は、こんな感じです。

日本の歴史(漫画版)


小学生
図書館で借りて、次々と読み進めてました。

釣りキチ三平


小学生
友達の家に全巻そろっていました。
その友だちの家に行く真の目的は、釣りキチ三平を読むことでした。

北斗の拳


中学生
毎週月曜日発売の少年ジャンプ、これが楽しみでした。

三国志(吉川英治)


中学生
柴田錬三郎版だけでなく、NHK人形劇『三國志』や漫画(横山光輝)、ファミコンソフトに至るまで、ひととおりチェックしていました。
私が好きだったのは趙雲子龍です。

太宰治


中学生
最初に手にしたのは『人間失格』でした。

ぼくらの七日間戦争


中学生
舞台設定が秘密基地、ドキドキしながら読んだのを憶えています。

バリバリ伝説


高校生
夏休み、バイクにハマって友達と原付(ゴリラ)の整備にいそしんでいました。

宮部みゆきさん


20代
ハマったきっかけは、好きだった女性からのススメでした。

週末起業(藤井孝一さん)


30代前半
GW、ダイビング旅行で行った小笠原に向かう船の中で読みました。
会社以外の世界があることを知るきっかけとなった本です。

なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?(夏川賀央さん)


30代後半
私が1冊目の著書『情報整理術』の原稿を書くとき、手本にした一冊です。

花の慶次


40代
少年ジャンプ
主人公 前田慶次のカッコよさに大人買いしました。

大谷更生の人生は、こんな本からできています。
人生を変えた本との出会い、振り返ったおかげで当時の記憶が甦り、懐かしい気持ちに包まれました。