来週、新潟の食品メーカーで新入社員研修の講師を務めます。
高校や大学を卒業して新たな道を歩み始めた方々へ、社会人27年目の先輩として何を伝えたらよいか?
いろいろと考えて、たどりついたコンセプトが『かわいがられる新入社員のススメ』でした。
なぜ私が『かわいがられる新入社員』をオススメするか。
新入社員が最も早く身に着けることができるスキルが『かわいがられる』だからです。

今回の研修は、この問いかけから始まります。
「働くとは何か?」
いろんな考えがあると思いますが、私の答えは「価値を提供すること」。
価値を提供することができなければ、どんなに頑張っても時間をかけても働いているとは言えません。

働くことで提供できる価値は2つです。
ひとつは信頼感。
相手が求めることに成果で応えること。
ひとことで表現すると「できる」。
もうひとつは親近感。
相手が求めることに感情で応えること。
ひとことで表現すると「好き」。

入社して間もない新入社員が、職場に配属されてすぐに提供できるのは、どちらの価値か?
考えるまでもありません。
親近感です。

・元気に明るくあいさつをする
・相手に関心を持つ
・言われた仕事に素早く取りかかる
・言われた仕事に全力で取り組む
・ウソをつかない
どれも技術や知識がなくても、今すぐできることです。
これらを真摯に取り組むことで上司や先輩との間に信頼関係が芽生え、かわいがられる新入社員になることができます。

このことを一番伝えたいのは、27年前に新入社員だった私自身です。
しかし、今となっては叶わないので、輝く未来が目の前に開けている新入社員に全力で伝えてきます。