ビジネスモデルとは売上を安定させる仕組み。
これから起業しようとしている方や、起業して間もない方から
「売上をあげるために何をしたらよいか?」
と相談を受けたとき、私は最初にこうお伝えしています。
「3つの受け皿を用意してください」

3つの受け皿とは
1)表札
2)会える場
3)メニュー

1)表札
名刺交換や紹介などであなたを知った方は最初に何をするでしょうか?
答えは『②調べる』
会社名をgoogleで検索したり、名前をフェイスブックで検索したりします。
検索して出てこなければ、それで終わり。
その方があなたのお客さまになることはありません。
そうなりたくなければ、検索結果として表示されるネット上の表札を整えましょう。
具体的には、ビジネスならホームページ、個人ならフェイスブックです。
フェイスブックを整えるといっても、毎日投稿したり、やたらと相手の投稿に「いいね!」する必要はありません。
あなただと認識できる写真を載せ、あなたの人となりがわかるプロフィールを用意しておけば、投稿は月1回でもOKです。

2)合える場
ホームページやフェイスブックであなたに興味を持ち、定期的に情報をチェックするようになった方は、次にどんな行動をするでしょうか?
答えは『③会いに行く』
実際に会ってみたいと思ったのに、どこに行けば会えるかわからない。
そうすると、時間が経てば経つほど、相手はあなたに興味を失います。
その方があなたのお客さまになることはありません。
そうならないように、どうしたらよいか。
最低月1回、あなたに会える場を作ってください。
セミナー、勉強会、食事会、お茶会、何でもOK。
そして相手が会いたいと思ったとき、どこに行けば会えるかをホームページやフェイスブックで案内して明らかにしておきましょう。
会える場を作るといっても、自分が主催しなければならないわけではありません。
裏技があります。
★定期的に開催されているイベントの常連になる
『ここに行けば会える』、その環境があればOKです。
もしあなたが気に入って毎回参加している勉強会やイベントがあれば、その場を活用してみてはいかがでしょうか。
新しい方がイベントに参加してくれるので、主催者も歓迎してくれるはずです。

3)メニュー
その方は定期的に情報をチェックして、あなたのイベントに参加してくれた。
だからといって、その方がすぐあなたのお客さまになるかというと、そんなことはありません。
あなたの商品・サービスを購入してくれるかはタイミング次第。
その方にとって、あなたの商品・サービスが「いま必要」でなければ購入はせず、『②調べる』に戻ります。
そのタイミングがいつ来るかは、その方次第ですが、その時のために準備をしておくことはできます。
それがメニュー。
『何』を『いくら』で提供するか、用意しておきましょう。
私の現在のサービスメニューは↓です。


私の3つの受け皿

3つの受け皿
1)表札
2)会える場
3)メニュー
何か一つでもお役に立てたら嬉しいです。