9/9(土)DAF9に向けて、小冊子『恐妻家の掟』をちょっと変更する予定です。
具体的には、この1枚。

イラストのテイストが他のページと違っているので、どっかで何とかしようと思いながら早2年、ようやく重い腰を上げました。

まずは新しいイラストを選んで

前回も担当してくださったデザイナーさんに変更をお願いしたところ、最初にあがってきたのが↓でした。

あれっ、フォントがぜんぜん違う!
こういう違い、私はとっても気になります。

イラストレーターのバージョンが前回と変わって同じフォントがないとのことだったので、似ているフォントを探していただき、こうなりました。

並べてみると、こんな感じ。

気になる人には気になるけれど、気にならない人は気にならないレベルかもしれません。

私は前者、本当は31枚すべて手を入れて同じフォントで統一したかったのですが、時間の関係で今回は断念しました。

オブジェクトの左端がピタッと揃っている、間隔が均等である、フォントの統一は私が最も気になるところ。

もし、こんなふうにズレてバラバラだったら、他人の資料でも全部直したい衝動にかられます。

微差と思うかもしれませんが、こういうのを見ると落ち着かないんですよね。

ピタッと揃っている資料を見ると、背筋が伸びます。