今月の課題図書『片手間では絶対成功しないネット通販
(下の写真右側の本)

本日のタイトルは本書52ページの↓からピックアップしました。
私の周りの成功者たちは、みんな例外なく、平凡な人ではありません。
プロです。
そして、変人です。

「わかる>できる>続けられる」を感じた5つのポイント

 

◆つまらないことを捨てる
①誰と付き合うかは厳選しましょう
私は敬意を払える人だけ付き合っています。
②「選択と集中」を意識しましょう
なんでもやりたくなる人何でもやっている人にプロはいません。
③考え抜きましょう
これだけは「死守したい」ということを考え抜いて決定しましょう。

◆ネット通販の厄年
1年目
成功するための準備の時期です。
なかなか成果が出ない時期ですが、焦らず、腐らず、地味な努力を重ねましょう。
初期費用とともに、広告費も一番投下するべき時期です。
2年目
スタートダッシュできて、よいリズムにも乗り、気分が楽になるとともに、慢心し始めたり気が緩む時期です。
大きな失敗やクレームと遭遇する時期でもあります。
初心を思い出し、晴れた気分で、毎日業務に取り組みましょう。
3年目
新たなステージに立って飛躍するか、それともそこそこで現状維持し続けるかの岐路になる時期です。
飛躍するためには、「新製品」の投入とプレスリリースを持ってメディアコンタクトを実施して「テレビパブリシティ」と呼ばれるテレビのニュース番組情報番組等で、取り上げられれば、2年目と比べて売上2倍~10倍も可能です。
飛躍組かそこそこ組かのポイントは、資金調達力、新規製品の開発、メディアPR力になります。

◆「高い!」と値切られる理由を認識する
あなたは、尊敬する先輩起業家が販売してる商品やサービスを買う時、その先輩に「安くして欲しい」と言いますか。
普通は言いません。
言えません。
敬意を持っている相手にはディスカウントを決して要求しません。

◆売れない商品4つのポイント
①あなたの商品には、数字で説明が成り立つ、確かなニーズがありますか?
②あなたの商品にあって、類似の商品を販売している競合他社にはない、差別化ポイントは何ですか?
③あなたの商品をターゲットに知らせるための広告、プレスリリース、メルマガ、検索対策(SEO)等の集客活動を、適切に行っていますか?
④集客活動で得られたアクセス者に対して、商品ページやメール対応等を通じて、適切な接客活動していますか?

◆お客さんから信頼を得る7つの具体的な方法
①品質、性能、機能性を確かなものにする
②他社優位性や希少性を高める
③とにかく数を売る
④WEB、ブログ等複数用意する、そして更新し続ける
⑤受賞、ランクイン、有名人からの推薦を取り付ける
⑥リリースを配信してメディア掲載される
⑦クチコミをたくさん集める
つまり、「実績」が大切ということです。

アマゾンレビュー、↓な感じでアップしました。
わかる>できる>続けられる【4.0】

この本には片手間で成功する魔法の秘訣は書いてありません。
しかし、成功するためにどんな努力が必要かは、全て書いてあります。
「わかった」で満足している方には全く響かないと思います。
一方で、「成功するまで、あきらめない」という強い想いを持って、「わかる⇒できる⇒続けられる」になるまで、ど根性で走り続けると決意した方には、とってもおススメな一冊です。

ネットでもリアルでもビジネスで結果を出すために必要なことは一緒ですね。
ど根性でやり続けます。

片手間では絶対成功しないネット通販(著者:杉本幸雄さん