あなたは上司から、こんなことを言われたことはありませんか?

①「あの件どうなった?」
②「それは何の話だっけ?」
③「だったらもっと早く言ってくれればいいのに」
④「そんな話、俺は聞いていない」
⑤「言葉が足りない」
⑥「あなたはどう思う?」
⑦「結局、何が言いたいの?」
⑧「で、どうしたいの?」
⑨「そんな細かいことを言われてもわからない」

そう言われる原因の多くは、しっかり報連相ができていないことにあります。
本冊子では報連相の肝を3つに集約しました。

『ピッタリ』『もれなく』『わかりやすい』

①~③は『ピッタリ』が足りないために返ってくる言葉
④~⑥は『もれなく』が足りないために返ってくる言葉
⑦~⑨は『わかりやすい』が足りないために返ってくる言葉です。

3つの『足りない』を解消して、『ピッタリ』『もれなく』『わかりやすい』報連相ができるようになるための27のコツ(3×3×3)を32ページに凝縮してご紹介いたします。

冊子購入はこちらをクリック