ダイレクト出版の『月刊ビジネス選書』購読特典のザ・レスポンス・マガジン11月号を読んでいて、ドキっとしました。

私は典型的なジャグラーだと。
ジャグラーとは『自分が働くことでお金を稼ごうとする人』のことです。

ジャグラーの特徴

・スピードと効率性の鬼
・リソースを次から次へと再配分し、すべての物事を同時に進めようとする
・新しい情報のもとに、ひっきりなしに優先事項の変更をおこなう
・もっとも緊急でもっとも重要なことに”より良い”集中の仕方をすれば、よりたくさんのことをさばけると考えている
・「緊急性」と「重要性」で物事を判断する
・「時間をマネジメントする」という一次元的な効率性思考と、「優先順位を決める」という二次元的な有効性思考を併せ持つ

まずい、ほぼビンゴ。

疲れ切って瀕死のジャグラーたち

ジャグラーが時間についてさらに改善しようと思ったら、ボールをたくさんさばくか、より速くさばくしかない。
それは空中で呆れるほどの数のボールを操りながら、ハムスターの回し車を全力で走り続けることに似ている。
となれば、結果は目に見えている。
できるだけ速く長く進んで最後に燃え尽きるか、すべてを破壊するかだ。

どうしたらジャグラーから抜けることができるか。
答えはマルチプイライアーになる。
マルチプライ=増殖
マルチプライアーとは『お金に働いてもらって増やす人』です。

マルチプライアーになると、凝縮した時間の使い方が出来るようになり、「これ」と的を絞った活動に超人的な集中力を発揮して、無理をしなくても成果が出せるようになります。

では、どうしたらマルチプライアーになれるか?
答えは『5つの「やらなくてもいいこと」をやらない』。

①無視することを許す=削る

やってる場合じゃない物事の例
◆不要な会議
◆長いメール
◆不要な変更
◆断続的に別の仕事をする
◆他の人の仕事をする(または手伝う)
◆長々と説明を聞く
◆カスタム・ワーク

②投資を許す=自動化する

時間に投資するためのヒント
◆よくある質問(FAQ)を作る
◆経験・知識を共有するシステムを作る
◆オンライン決済システム
◆データのバックアップ
◆モバイルスキャナの導入
◆かつての顧客へのフォローアップ
◆オンライン・ラーニング

③不完全を許す=任せる

誰に何の仕事を任せる?
◆オフィス・アシスタント
◆ビジネスコーチ
◆会計士・税理士
◆簿記係
◆資産運用の専門家
◆家事をラクにしてくれる人

④未完成を許す=先延ばしにする

先延ばしできる仕事はどれ?
◆メール
◆会議の話題(トーク・トピック)
◆ペーパーワーク
◆電話
◆礼状
◆間違った信号を見分ける
◆確信がないときは待つ

⑤守ることを許す=集中する

最高のパフォーマンスを発揮するための下準備
◆デート・ナイト
◆借金のない暮らし
◆健康でいる
◆研修と自己啓発
◆人を大切にする
◆誠実
◆信念

まずは定期的に妻とデートする時間を確保します。

時間投資思考(ロリー・バーデン)