台北の街を歩いていて感じたことがあります。
ここは可視化する文化の街だと。

たとえば駅構内にあった男子トイレ。

どの個室が空いているかが一目でわかります。

たとえば駅のホーム。

あと何分何秒後に電車が駅に到着するかが一目でわかります。

たとえば信号。

あと何秒後に赤になるかが一目でわかります。

こういう工夫は自分が関わる場面でも使えそう、そんなことを思いながら街を歩いていました。

あと地下鉄の駅のプラットフォーム、駅員さんが一人もいないのが衝撃的でした。
1日フリーパスを購入していたので何度か地下鉄に乗りましたが、駆け込み乗車に遭遇することは一回もなかったです。

本日の食事
★朝

阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)
甜豆漿&鹹豆漿&蛋餅

★昼

大來小館

★夜

常青餃子館