10年来の友人で、いい商品やサービスがあるのに上手く伝えられない方をサポートするプロモーションの専門家 寺尾祐子さんが、ご自身のメールマガジンでおススメしていたので入手しました。

ゼロ円PR』(笹木郁乃さん)


著者の笹木さんは、浅田真央さんが愛用するマットレス「エアウィーヴ」のPRを担当した経験をお持ちで、現在は起業家、経営者、企業のPR担当者にPRを指導するPR塾を14期連続満席で開催なさっているPRのプロフェッショナルです。

本書を読み終えて、今後ぜひ活かしていきたいと感じた箇所を紹介します。

◆実績
では、PR の技を使って最初に広めるべき情報は何か。
それはズバリ、「実績」です。
(中略)
重要なのは、あなたではない第三者が、いかにあなたの売る商品、サービスを評価して、買ってくれているかなのです。
それが「実績」です。

◆変化
まず、商品やサービスを購入するとき、顧客は何を期待しているか?
それは「変化」です。
その商品を買ったことをきっかけに「自分自身がAという状態から、Bという状態へ、変化する」ということです。
人が何かを欲しがる動機は基本的にすべて、この「変化したい」という感情に基づいていると思います。
お客様は変化が欲しい。
変化によって得られるベネフィット(利益)が欲しい。
だからお金を払うのです。

◆SNS活用
企業のアカウントであっても、SNSの投稿者の方には、ぜひ人間らしさを出していただきたいです。
(中略)
未完成だけど魅力的である。
結果、相手の気持ちが動く。
それこそがSNSです。

◆次につなげる
自社商品のファンを増やす、採用に役立てる、自分個人のブランドを確立する。
いろんな目的があると思いますが、どんな目的でやるにしても、意識していただきたいのは「次につなげる」ことです。

◆ファンを増やすSNSの黄金比
具体的には、実績とお役立ち情報、多面性、告知の比率が、3対3対3対1くらいが、ちょうどいいと思います。

◆プレスリリース
プレスリリースに絶対に欠かせないのは、社会性、公共性です。
自社の商品やサービスに、どのような社会性、公共性があるのかが、必ず分かるように書いてください。

◆「顧客のファン化」に必要な3つの気持ち
①特別感
自分たちだけが選ばれたという実感
②一体感
選ばれた顧客同士の、そして会社との仲間意識
③母性・貢献欲
会社のことを応援しようというモチベーション

ゼロ円PR』(笹木郁乃さん)

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録