「1good、1more」
これは私がアドバイスを求められたときに心がけていることです。
goodは「いいね!」
moreは「もっとよくなる」
いいところを1つ最初に認めて、次に修正したらもっとよくなるポイントを1つ伝える。

10/6(土)にアドバイザーを務めたセミナーエンターテイメントイベント「DAF(ドランク・アカデミー・フェス)」のトライアウト企画「DAF NXT12」では、パフォーマンスしてくださった10名それぞれに、こんな1moreをお伝えしました。

◆私を変えた1枚のチラシ
この話を誰に伝えたいのか?

◆障がい者でダイビングライセンス取得
情報の順番を整える
聞き手の疑問を先回りして答える

◆副業を始めたい会社員へのアドバイス
なぜ、あなたがこのテーマを語るのか?
自己紹介との整合性

◆裁判官の追っかけ
どんなメッセージを伝えたいのか

◆2回の乳がんを乗り越えた笑顔のチカラ
「本名ですか?」を逆手に取る

◆何でもやってみよう
詰まっても何事もなかったかのように話を進める

◆健康でいるために
提起した問題には解決策を提案する

◆あなたが命を使って本当にやりたいことは何ですか?
登場曲、枠名は?

◆ヒッチハイクで変わったこと
最初の一歩を踏み出したエピソードを丁寧に語る

◆社長から研修講師へ転身
ビフォーアフターの対比
過去の自分だったら、どう対応する?
現在の自分だったら、どう対応する?



DAFのコンセプト「10分1メッセージ」を全員がしっかり理解してパフォーマンスしてくださったので、こんな1moreになりました。
これからも「1good、1more」のキレを磨いていきます。