明日11/22(金)に講師を務めるタイムマネジメント研修にプラスになるかも、と思って手に取りました。
チームの生産性をあげる。』(沢渡あまねさん)


本書で表現がうまいなと感じたのは2軸の設定でした。

◆業務の「繰り返し性」×「重要度」
「繰り返し性」高×「重要度」低
⇒自動化、外注化
「繰り返し性」高×「重要度」高
⇒要標準化
「繰り返し性」低×「重要度」低
⇒捨てていい?
「繰り返し性」低×「重要度」高
⇒要注意

◆業務の「発生頻度」×「所要時間」
「発生頻度」高×「所要時間」長
⇒問題児

◆業務の「優先度」×「属人度」
「優先度」高×「属人度」高
⇒悪い属人化
「優先度」低×「属人度」高
⇒良い属人化

◆「既知」か「未知」か×「わかる」か「わからない」か
「既知」×「わかる」
⇒問題なし
「未知」×「わかる」
⇒素晴らしい
「既知」×「わからない」
⇒問題アリ
「未知」×「わからない」
⇒仕方ナシ

◆「わざわざ度」×「重要度」
「わざわざ度」高×「重要度」高
⇒「わざわざ度」低×「重要度」高に持っていく

2軸で考えると、わかりやすさが格段に増しますよね。

チームの生産性をあげる。』(沢渡あまねさん)