赤の表紙と特徴的な装丁に惹かれて手に取りました。
熱狂顧客戦略』(高橋遼さん)


装幀を担当したのは水戸部功さん。
これからの「正義」の話をしよう』(マイケル・サンデル)
採用基準』(伊賀泰代さん)
人を助けるすんごい仕組み』(西條剛央さん)
といった本の装幀も水戸部さんが手掛けています。

本書で最も印象に残った箇所が「熱量を高めるプロセス」でした。

①心の中にある「壁」を超える体験を提供する
心に刺さる瞬間
4つのハシゴ
・「愛着」のハシゴ
例)パタゴニアミナ ペルホネン
・「親密」のハシゴ
例)ヤッホーブルーイング
・「感動」のハシゴ
例)ビリージョエル、ザッポス
・「学び」のハシゴ
例)クラブツーリズム

②顧客の中に火を灯し続ける
継続する共感、心の中のポジションを獲得する
・Recency(最近いつ接点を持ったか)
・Frequency(どれくらいの頻度で接点を持っているか)
・Engagement(それぞれの接点において絆を形成できているか)

③熱を伝える
レバレッジをかける
例)花嫁1000人委員会(ゼクシィ)

4つのハシゴの中で大谷更生が最もハードルが高いと感じたのが感動のハシゴ。
どうしたら感動のハシゴを提供できるだろうか?
しばし、この問いと向き合います。

熱狂顧客戦略』(高橋遼さん)