来週7/7(水)17:00に締切を迎える小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)第2回受付、申請する方は申請書の作成が佳境を迎えていることと思います。

今年度は受付が電子申請システム(Jグランツ)のみになるなど、申請手続きが昨年度から大きく変更となっており、申請のハードルが昨年よりも上がっているなと感じています。
そして本補助金ホームページに6/25(金)付で以下文言が追加となっていました。



添付書類に不備があった場合、不採択となります。
下記の「申請書類の注意事項」を確認の上、申請してください。

このタイミングで記載を追加したということは、申請書類不備が例年よりも多いということでしょう。

 
申請書類の不備で審査前に不採択とならないように、申請前にチェックすべき5つのポイントを紹介します。

 

1)GビズIDプライムアカウントの取得

補助金申請の受付は電子申請システム(Jグランツ)のみとなります。
https://www.jgrants-portal.go.jp/

申請にはGビズIDプライムアカウントを取得する必要がありますが、現時点でID発行までに3週間以上かかるため、7/7(水)に間に合わせるには「暫定GビズIDプライムアカウント」を取得する必要があります。
暫定GビズIDプライムアカウントでしたら申請当日にID発行が可能です。
発行手続き詳細は↓を確認ください。
https://www.jizokuka-post-corona.jp/doc/%E6%9A%AB%E5%AE%9AG%E3%83%92%E3%82%99%E3%82%B9%E3%82%99ID.pdf?20210430

 

2)申請書様式の確認

「【様式1】経営計画及び補助事業計画」には以下条件が設定されています。
・合計最大5枚まで
・ファイル形式はWord又はPDF
・ファイル容量は3MB以内
・フォント
日本語…MS明朝
英数字…Century
文字サイズ…11
・ファイル名は「【事業者名】補助事業名」

Wordは開くパソコンによって改行位置が変わることがあるため、申請時ぎりぎり5枚以内に収まっていたのに、審査時に5枚を超えてしまう危険性があります。
改行位置ずれを防ぐために、ファイル形式はPDFで提出がおススメです。

 

3)補助金額の算定

本補助金で対象となる経費は12種類です。
①機械装置等費
②広報費
③展示会等出展費
④開発費
⑤資料購入費
⑥雑役務費
⑦借料
⑧専門家謝金
⑨設備処分費
⑩委託費
⑪外注費
⑫感染防止対策費

このうち、オンライン化で発生する可能性が高い経費は2つです。
②広報費
主な用途
・ウェブサイト制作
・動画制作
・ネット広告

⑧専門家謝金
主な用途
・コンサルタントのアドバイス料

補助金申請する経費はJグランツの申請画面で入力します。
入力する項目は3つです。
・経費内訳(単価、個数)
・補助対象経費(円)
・具体的内容・必要理由等


以下リンクをクリックすると、補助金額計算用補助資料のEXCELが開きます。
これを活用して、事前に対象経費を整理しておくことをおススメします。


 

4)申請書類が揃っているか確認

法人、個人事業主共通
・【様式1】経営計画及び補助事業計画
・【様式2-1】宣誓・同意書

決算関係書類は法人と個人事業主で異なります。
◆法人
貸借対照表および損益計算書(直近1期分)
◆個人事業主
直近の確定申告書(税務署受付印のあるもの)
または開業届(税務署受付印のあるもの)

詳細は以下リンク「申請書類の注意事項」をクリックして必要書類を確認してください。
https://www.jizokuka-post-corona.jp/doc/%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E4%BA%8B%E9%A0%85.pdf

 

5)Jグランツの操作確認

Jグランツで小規模事業者持続化補助金申請をスムーズに行えるように操作マニュアルが用意されています。
◆法人版(53ページ)
https://www.jizokuka-post-corona.jp/doc/jGrants%E5%85%A5%E5%8A%9B%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D(%E6%B3%95%E4%BA%BA%E7%89%88).pdf?20210604

◆個人版(53ページ)
https://www.jizokuka-post-corona.jp/doc/jGrants%E5%85%A5%E5%8A%9B%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D(%E5%80%8B%E4%BA%BA%E7%89%88).pdf?20210604

ページ数かなり多いですが、この手のマニュアルの中では比較的わかりやすく書かれています。
申請前にひととおり目を通して、不明点があったら補助金コールセンターに問い合わせて確認しておくと安心です。

小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)コールセンター
<持続化補助金低感染リスク型コールセンター>
03-6731-9325
(受付時間:9:30~17:30、土日祝日除く)

 

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録