何をやっていたかというと、映画鑑賞です。
会場はホテルの一室。


銚子電鉄が500万円のクラウドファンディングを成功させて作り上げた映画「電車を止めるな」を妻と観てきました。


銚子電鉄は
ぬれ煎餅
◆経営状況がまずい⇒まずい棒
◆経営がサバイバル⇒鯖威張るカレー
といった意外な発想から生まれた食品の売上が全体の70%以上を占め、食品事業によって経営を維持している会社です。

映画はこんな感じで始まります。



ホラー調なのに、なぜか最後にあったかい気持ちになる。
90分あっという間でした。

「絶対にあきらめない」

受付でもらった封筒に入っていた、社長直筆の手紙にグッときました。


スマホを気にせず目の前に集中する時間、たまには必要ですね。
見終えたら、銚子に行って銚子電鉄に乗りたくなる。
そんな映画でした。
電車を止めるな

 

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録