よかれと思って伝えたのに、
「ふーん」と素っ気なかったり、
「そんなこと、お前に言われなくない!」と逆切れされたり…


アドバイスって難しいですよね。

大谷更生がセミナーの受講者やコンサルティング先でアドバイスを求められたとき、3ステップで伝えることを心がけています。

①できているところをほめる

アドバイスを求める方は、どんなにイケてないように見えても、何かいいところがあるはず。
そう信じています。
それを逃さず見つけて、具体的にほめます。


嘘は絶対に言いませんが、誇張することはあります。

②改善点をひとつだけ伝える

改善点を「もっとよくなるアイデア」として伝えます。
気づいたことがたくさんあっても、一度に伝えるのは一番伝えたいことをひとつだけ。
2つ以上伝えたとしても、相手は受け取ることができません。

③アドバイスの効果を具体的に伝える

「直すことで、どんなメリットが得られるか」
「直すことで、どんなデメリットを避けられるか」
相手が理解できるまで具体的に伝えます。

例えば、セミナー受講者からサービスメニューに対してアドバイスを求められたとき、こんな感じでお伝えしています。

【『①できているところをほめる』】
幅広い分野でご活躍されている●●さん、分野別に整理されているおかげで、具体的にどんな活動をなさっているかが一目でわかりますね。

【『②改善点をひとつだけ伝える』】
もっとよくなるアイデアを、ひとつだけお伝えします。
①このサービスを受けたら何が得られるか?
例えば大谷更生の場合、こんな感じで伝えています
◆人間関係のモヤモヤ解消カウンセリング
誰にも言えなかった本音や感情を問題整理の専門家に吐き出すことで、社長⇔社員、上司⇔部下、夫⇔妻、親⇔子など、対立しがちな人間関係の悩みの原因が整理されて気分スッキリ!
明るい未来への一歩をスムーズに踏み出せるようになります。
◆売れる仕組み構築コンサルティング:プロフェッショナルコース
あなたがいなくても事業が回る仕組みの基盤を作ります。

全てのサービスでなく、イチオシサービスだけでもOK。
スペースの関係で長い文章を入れるのが難しい場合は、具体的な成果(例えば自己紹介、プロフィール、サービスメニューが完成します)を示すだけでもOKです。

【『③アドバイスの効果を具体的に伝える』】
このサービスを受けたら何が得られるかをお客さまに具体的にイメージさせることができたら、依頼が増えると思いますよ。

大谷更生にアドバイスをするとき、この3つを押さえてくださったら、どんなに機嫌が悪くても素直に受け入れます。
万が一、素直に受け入れない場面に遭遇したら
「更生さん、こんなに機嫌が悪いのは奥さんと何かあったのかも…」
そんなふうに暖かく見守っていただけると助かります。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録