10/17(土)に出版されたばかりの「リモート・マネジメントの極意」(岡本文宏さん)
新企画のリサーチを兼ねて入手しました。


 
本書は繁盛企業・育成コーチの岡本文宏さんが、セブンイレブンのオーナーだった頃から20年以上、リモート・マネジメントを実践してきた経験とノウハウがギュッと凝縮された一冊です。

【目次】
第1章
いきなりテレワーク「困った上司への処方箋」
第2章
リモートで現場のすべてを把握する
第3章
リモートでまかせるためのテクニック
第4章
リモートで育てるためのテクニック
第5章
リモートでもできる1on1ミーティング
第6章
リモートで会議のムダを半減させる!

上司に必要な、やり方とあり方、両方を網羅した書籍です。

大谷更生が印象に残った箇所

32ページ
マネージャーとは、組織の中で辞令を受けて就く役職のことです。
一方、リーダーとは組織のメンバーから支持され自然に生まれる役割のことです。
(中略)
これからの時代に必要なのは、テレワークで働く部下を含め、メンバーをまとめてチームとして率いることができる”リーダー”です。
上司がリーダーになるには、部下からリーダーとして認められることが必要です。

72ページ
私がリモート・コンサルティングで行なっていることは主に次の3つです。
①現場把握
②情報提供
③3つのきく(聴く、訊く、効く)

119ページ
伝達に関しては、「受け取ったことが10割」だと覚えておいてください。
こちらが、いくら正しく伝えたつもりでも、相手が伝えた指示の7割程度しか受け取っていなければ、まかせた仕事はいつまでたっても完了されることはありません。
ですので、正しく伝えること、そして、伝わるまで伝えることを意識して実行するようにしましょう。

127ページ
効果的なフィードバックを行なうには、
「批判、否定しない」
「客観的な事実のみ伝える」
「相手が自分でコントロールできないことは慎重に伝える」
などに注意してください。

 
本書を入手して読者限定特典に応募すると、現場で使える以下ツールのデータをダウンロードすることができます。
【第1章】プラス要素発見シート
【第5章】1on1ミーティング準備シート

さらに「動画講座 新入社員が覚えておきたい10のポイント」も視聴できます。
・第1回:心構え
・第2回:自己紹介
・第3回:第一印象
・第4回:言葉づかい
・第5回:謙譲語
・第6回:伝え方の工夫
・第7回:電話応対1(電話の受け方)
・第8回:電話応対2(電話のかけ方)
・第9回:相談と報告
・第10回:挑戦しよう

 
10/23(金)8:00より本書のアマゾンキャンペーンが始まりました。
10/24(土)23:59までにアマゾンで本書を購入してキャンペーンにエントリーすると3つの特典をゲットできます。
①スペシャル・セミナー動画『リモート・マネジメントの極意』(約60分)視聴権
②必見!Withコロナ時代の人材採用『YouTube採用の実態』インタビュー動画視聴権
③経営情報誌『ISCサポートジャーナル』特別編集号(PDF版)

アマゾンキャンペーン詳細
https://okamotofumihiro.com/amz202010/

テレワークになって部下をどうマネジメントしたらよいかで悩んでいる上司にピッタリな一冊です。

 
リモート・マネジメントの極意」(岡本文宏さん)


 

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録