最適な選択肢の数は、相手に期待する行動によって変わります。

期待する行動は、大きく分けると2パターンです。
①迷ってほしいとき
⇒オススメは4つ以上
②今すぐ決めてほしいとき
⇒オススメは3つ

なぜ①迷ってほしいときのオススメが選択肢4つ以上なのか。


ざっと確認しただけで、これだけの試験問題が4択以上で作られています。
◆4択の試験問題(例)
大学入試センター試験(英語)
高校受験:東京都共通問題(国語)
中手企業診断士一次試験(経済学・経済政策)
TOEIC
ITストラテジスト試験(午前Ⅰ)

◆5択の試験問題(例)
大学入試センター試験(国語)
行政書士
公務員試験(東京都Ⅰ類B一次教養)
保育士
介護福祉士

これらの試験を受けたことがある方で、回答に迷った問題が一問もないとおっしゃる方は、かなり少ないのではないでしょうか。
相手に迷ってほしいとき、言い換えると、いま決めてほしくないときは、選択肢を4つ以上用意するのがおススメです。

次に、なぜ②今すぐ決めてほしいときのオススメが選択肢3つなのか。


例えば
◆ジャンケン:グーチョキパー
◆アメリカ横断ウルトラクイズ機内400問ペーパークイズ:3択
◆飲食店のメニュー:松竹梅

どれも今すぐ決めなきゃいけない、または決めてほしい場面で使われています。

だからといって、選択肢が少なければ決断がより早くなるかというと、必ずしもそうではありません。
「AかBか、今すぐ決めてください」
「YesかNoか、今すぐ答えてください」
そう詰め寄られると、逆に決められなかったりしませんか。

選択肢をいくつ用意するかは、まず相手にどんな行動を期待するかを定めてから決めるのがおススメです。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録