本日は新潟出張2日目、これから長岡でリーダー向け自立型問題解決思考法の1日研修に登壇します。


大谷更生は地方に出張すると、ふだんやらないことをやります。
その一つが新聞を読むこと。
新聞を読むといっても、読売・朝日・毎日・日経・産経といった全国紙ではありません。
地元密着の地方紙です。


真っ先にチェックするのは地域面。
その土地土地で開催されたイベントやトピックが掲載されています。


なぜ大谷更生は地元密着の記事を真っ先にチェックするのか。
理由は2つです。

①研修やセミナーのつかみとして使う

「昨日、こんなイベントを開催なさっていたのですね」
「今朝の新潟日報で紹介されていた●●さん、ご存じですか」
こんな言葉を研修やセミナーの冒頭に投げかけることで
「講師の大谷さんは我々の地元のことに興味を持ってくれているんだ」
といった感じで、受講者の皆さまとの心理的な距離を縮めることができます。
日帰り出張で現地の新聞が読めなくても、最寄り駅や観光センターで掲示されているポスターや告知をチェックしておけば、話題に出すことができます。

②研究素材として使う

新聞やテレビなどメディアに取り上げられると、自社のブランドや商品・サービスのイメージが確実に上がります。
どんな切り口で打ち出したら、自分が関わるイベントが新聞やテレビなどメディアに取り上げてもらえるか?
そんな目線で一つひとつの記事をチェックします。

その研究成果が出たのが2013年と2014年に伊豆天城湯ヶ島温泉(静岡県)で開催した『作家なりきり合宿』。
おかげさまで第1回(2013年)
★朝日新聞
★NHK静岡放送「たっぷり静岡」
★静岡新聞(11/30)
伊豆市観光情報

そして第2回(2014年)は毎日新聞で紹介していただけました。

大谷更生にとって地方新聞はネタの宝庫です。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録