タイトルにドキっとして手に取った『次の2つから生きたい人生を選びなさい』(ダル・ベン・シャハーさん)


【a】先延ばしにする
【b】いまやる

【a】本来の自分を隠す
【b】ありのままでいる

【a】身近な人に厳しくあたる
【b】身近な人を大切にする

【a】絶え間なく刺激を求める
【b】静寂に包まれる

【a】「完璧」にこだわる
【b】適度なところでよしとする

読み終えて改めて「生き方は選べる」と感じました。

本書で紹介されている、選択できる生き方は101パターン。
どの項目も以下の枠組み
・選択肢の提示
・格言
・選択肢の解説
・選択肢にまつわるエピソード
で書かれているので、とっても読みやすかったです。

興味深く感じたエピソード

★5分間テイクオフ
★ふたりの禅僧と美しい女
★慈悲の瞑想
★「それも、また、必ず、去る」
★責任と選択の自由
★マキシマイザーとサティスファイザー
★片方の目をなくしたカバ
★第一の性格
★「ダビデ像をどのようにつくったのか」
★「大切なのはいま」

このフレーズにグッときました。
静寂は、創造力を豊かにしたり、環境や自分自身との深いつながりをもったり、心身の健康を追求したり、幸福感を高めたりするのに必要なのです。
生活の中から騒音を取り除いてください。
そして、そのスペースを静寂で満たしてください。

わずかな時間でもいいので、静寂な時間を確保することを心がけます。

次の2つから生きたい人生を選びなさい』(ダル・ベン・シャハーさん)