①小さく始めて大きく育てる
②お客様に自分が貢献できることは何か
③理念や志の共有と、それに沿った活動実績の積み重ね

これを編み出したのは大谷更生ではありません。
コミュニティデザイナーの中村薫さんです。


ハンバーグの会、マネーの会、ライフの会など、会社員の傍らで数々の人気コミュニティを運営しており、今年2月に『人見知りで出不精のOLがコミュニティの女王になった理由』で出版も実現なさいました。


3年ぶりの薫さんセミナー、大谷更生が一番印象に残ったのがタイトルに挙げた『コミュニティ構築の3ステップ』。

①小さく始めて大きく育てる
◆1対1の関係を意識する
例)20名のイベント
1対20ではなく、1対1が20こある
◆横のつながりをどう作るか

②お客様に自分が貢献できることは何か
ポイントは3つ
◆また来たい
◆自分も楽しむ
「自分が楽しむ」と「みんなが喜ぶ」の両立
◆関係者
どんどん巻き込んでいく
ステップアップをはかる
参加者⇒常連⇒スタッフ⇒事務局、講師 といったように

③理念や志の共有と、それに沿った活動実績の積み重ね
◆ビジネスの基本は人の心を動かすこと
◆メッセージ=行動で人は動く
◆信頼する人の情報が商品を売る

セミナーの中でよく出てきた言葉が「継続」。
どうしたら継続できるか?
このノウハウと実践の蓄積が、薫さんのコミュニティ運営の肝だと感じました。


薫さん、貴重なお話ありがとうございます。
近々ハンバーグお邪魔しますね。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録