9/30(月)お昼前、歯のクリーニング2回目をやってもらうために近所の歯医者さんへ行ってきました。
実は今回、歯医者さんを変えました。


きっかけは区の歯科検診。
50歳は実費500円で受診できるとあったので、自宅に近い歯医者さんを探して予約しました。
そして歯科検診終了後、検診を担当してくださった歯科衛生士さんに「歯のクリーニングいかがですか」と言われて、一度試してみようと思ってお願いしました。

もともとは、以前住んでいたマンションから徒歩10分くらいのところにある歯医者さんへ、引っ越し直後から4年くらい通っていました。
そこは治療や歯のクリーニングなど施術の手際はよいものの、予約が取りにくく、対応が若干事務的な感じがしてモヤっとしており、この機会に別の歯医者さんも確認してみようと思ったのです。

歯のクリーニングを2回やってもらった感想を正直に申し上げると「元に戻そうかな」

・スリーウェイシリンジ(口の中や歯に風や水をかける機械)、バキューム、超音波スケーラーといった歯のクリーニングに欠かせない器具の使い方
・クリーニング作業時の立ち位置や姿勢
・作業のスピーディーさ
・椅子の上げ下げのスムーズさ
・事前、施術中の説明
など、今回担当してくださった歯科衛生士さんはフレンドリーで丁寧なものの、作業の手際やスピード感に疑問を覚えた箇所がいくつかありました。
こういうことって、比べてみないとわからないですね。

半年後の来年春ころ、前に通っていた歯医者さんに予約を入れて、歯のクリーニングをしてもらいながら、大谷更生が覚えた違和感の理由を分析してみようと思っています。