大谷更生は子どものころから過剰なくらい自信があり、小学生のとき、自分にできないことはないと本気で思っていました。


独立して8年。
何度も谷底に突き落とされても、そのたびに這い上がってこれたのは折れない自信のおかげです。

では、なぜ大谷更生が折れない自信を持つことができたのか。
大谷更生が持っていた折れない自信は根拠のない自信でした。

クラスで一番、市で一番、県で一番、全国で一番、日本で一番…。
こうした根拠を基盤に作られた自信は、根拠が崩れた瞬間に自信も崩れます。
根拠のない自信なら、他人や周りの状況に左右されることなく自信を持ち続けることができます。

なぜ大谷更生が根拠のない自信を持ち続けることができているか。
改めて考えてみたところ、誕生と教育が強く影響していたことに気づきました。

大谷更生誕生秘話

大谷更生、本名です
1970年3月23日
父 正則、母 チイの長男として
新潟県西蒲原郡味方村で生まれました



生まれたとき泣かなかった
ダメかも…
懸命な看護の甲斐あって
しばらくたって「オギャー」と泣いた



更生=甦る
生まれた直後
三途の川の渡し船に乗りかけた私は
この世に生を受けてから
ずっと余生を生きているのです


大谷家の教育方針

私は物心がついてから、一度も両親から否定されたことはありません。



小学校時代に習っていた、珠算、書道、柔道。
やりたいことは、何でもやらせてもらえました。

やりたいことには、やりたいことができる自由と、やり続ける責任がセット。
イヤになって途中で「やめる」と言ったときには、烈火のごとく叱られました。

中学三年の冬、いじめで登校拒否になったとき
大学進学で東京に行くと決めたとき
当時、全く知名度がなかった第二電電(DDI)に入社すると決めたとき
KDDIを退職したとき

両親の答えは決まっていました。
「お前が決めたことだから」
いつも大谷更生の決断を尊重し、応援してくれました。

子どものころ、モノもお金もなかったけど、両親は私に最高の財産を遺してくれました。

大谷更生の根拠のない自信は両親のおかげです。
ありがとう。


大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録