◆妻が起きる前に洗いものをしてゴミを捨てる


◆風呂掃除は夫の出番


◆妻が定期を忘れたら走って駅まで持っていく


◆たまには料理を作って妻の帰りを待つ


◆妻より先に目覚めて暖房をつける


恐妻家の掟の家事ネタ、自ら進んでやろうと思ったことばかりではありません。

それ以外で現在取り組んでいることを挙げると
◆朝5時に起きてウォーキングをする
◆毎日ブログを書く
◆朝6:30開始のセミナーに参加する
毎日メルマガを書く
◆パワポを使わずに人前で話す

正直、最初はイヤだなと思っていたこともありましたが、今では自然に身体が動いてやってしまいます。

なぜ大谷更生が、自分が気が進まないことを自然に続けられるようになったのか?
振り返って考えたところ、ポイントが3つあることに気がつきました。

①ネタにする
②人に話す
③楽しそうにやってみる

①ネタにする

恐妻家の掟に掲載、ビンゴです。
ネタにすることで、気が進まないことをやっている自分を客観視することができます。
また、気が進まないことは食わず嫌いなことが多かったりします。
やってみたら、意外とそうでもなかった。
そう思えるようになると、続けることへのハードルが下がります。

②人に話す

人に話すときに心がけたいことがあります。
マイナス感情を出したり、否定的な表現をしない。
あくまでネタとして話します。
思いがけない反応を相手からもらえると、続けることへのハードルが下がります。

③楽しそうにやってみる

笑いながら怒る、これができるのは竹中直人さんくらい、ふつうの人はできません。
楽しそうにやっていると脳がだまされて、
「自分は楽しいことをやっているんだ」
と感じるようになります。
さらに周りから
「楽しそうにやってますね」
と言われるようになると、さらに脳がだまされて、続けることへのハードルが下がります。

①ネタにする
②人に話す
③楽しそうにやってみる

気が進まないことを続けなければならなくなったとき、よかったら試してみてください。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録