大谷更生には持病があります。
1枚にしたい病。
文字どおり、何でも1枚で表さないと気がすまないという病です。

いつからこの病にかかったのか、はっきりと覚えていませんが、おそらく会社を辞めた後のことだと思います。
病とありますが、悪いことばかりではありません。
大谷更生が考えた『1枚にしたい病』3つのメリット、ご紹介します。

①ポイントがわかりやすくなる

1枚に入るようポイントを絞ることで自分自身の思考を整理することができ、相手にもわかりやすく伝えることができます。
【サンプル】
研修の最初にカリキュラムの全体像を伝える資料


しゃべらない講師カリキュラム作成シート

②話さなくても伝わるようになる

自分から話さなくても、「これです」と渡すだけ。
興味があれば相手が質問してくださるので、どう説明するかを考えるストレスがなくなりました。
【サンプル】
ビジネスの全体像を紹介するときに使うビジネスモデル


商品やサービスを相手に紹介するときに使うサービスメニュー

③相手に合わせて選べるようになる

大谷更生の自己紹介にはバリエーションがあり、TPOに合わせて、どれを渡すかを選んでいます。
【サンプル】
大谷更生株式会社


60秒自己紹介


講師プロフィール


1枚にまとめる、最初は難儀でしたが、今では1枚にしないと落ち着かなくなりました。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録