8/4(日)は妻と6歳下の弟と、埼玉にあるアウトレットへ買い物に行ってきました。
きっかけ7月に上京した父のイベントで弟と会ったとき。
「プライベートで着る服がボロボロになったきたので、服を買いに行きたい」
を受けて、全員のスケジュールを調整しました。

※11年前の弟、かなり盛ってます

★今回の戦利品
弟…帽子2つ、シャツ3枚、スラックス3本、靴2足
妻…帽子5つ、ニットのアウター1着、Tシャツ1着
大谷更生…サンダル代わりの靴、トレーニングパンツ

13時から18時過ぎまで、たっぷり5時間。
いろんなお店を巡っていて感じたのが「思い込みで損をするな」

弟がスラックスを探していたところ、あるショップで、いい感じのスラックスがありました。
ところが、試着してみると前側がもっさりで、いかにもオッサンな感じ。
即却下して、別のお店へ。
ここでも全て試着したところ、ほしいイメージに合うスッキリしたシルエットのスラックスを購入できました。

歩きっぱなしで2時間くらい経ったので、休憩しようと思ってコーヒーショップに入ったところ、入口付近で10人以上の行列。
これは席ないかもと思ったのですが、念のためにと思って店内を確認したところ、奥のほうに4人席が空いていて、無事に席を確保することができました。
このお店はテイクアウトのお客さんが多いようだというのが、ドリンクを飲みながら店内を観察していてわかりました。

行ってみなければ、わからない。
やってみなければ、わからない。
体験してみなければ、わからない。

もしかしたら思い込みで過去かなり損をしていたかも、と振り返る機会になりました。