2010年に独立した大谷更生が、会社員時代からずっと通っているお店が3件あります。

第3位:ボンクラージュ(練馬)
カジュアルフレンチ(2009年~)
光が丘に住んでいたとき、線路沿い2階のオープン直後だったボンクラージュを妻が見つけて来店。
それ以来、妻が大のお気に入りで、土日のランチは夫婦でスパークリングワイン&赤白ワイン飲み放題(1,080円/90分)を満喫したり、妻の誕生日とクリスマスイブは必ずここを予約します。


第2位:モダンタイムス(三鷹)
カジュアルイタリアン(1999年~)
三鷹に引っ越した直後、花屋さんの2階へランチでフラッと入ってお気に入りに。
最近は年1回くらいしか訪れていないですが、三鷹に住んでいたときは週2回くらい通っていました。
裏メニューの地鶏パスタは絶品です。


第1位:ヘアセラピー ミリグラム(大塚)
美容院(1989年~)
東池袋の家賃23,000円で風呂なしトイレ共同四畳半に引っ越した直後、アパートを探すために上京して何日か私の部屋に居候していた高校の同級生が発見。
それ以来、市川⇒調布⇒中井⇒荻窪⇒三鷹⇒光が丘⇒上板橋⇒氷川台と8ヶ所引っ越しても、電車を乗り継いで通い続けています。

現在住んでいる氷川台から、決して近いとはいえない3つのお店。
それなのに、なぜ大谷更生がヘビーリピーターになっているのか?
考えてみたところ、3つの共通点があることに気づきました。

①名前で呼び合う関係

ボンクラージュの大越店長は「大谷さん」
三鷹モダンタイムスのオーナーシェフ宮川さんは「こーせーさん」
ミリグラムのスタイリスト兼オーナーの菅家さんは「大谷くん」
呼び方は違いますが、お店に行ったら全員が名前で呼んでくれます。

②楽

ミリグラムではヘアスタイルで細かい注文をしたことがありません。
「こないだより、ちょっと短く」
「こないだよりトップを長めで」
それだけ伝えるだけで、菅家さんはイメージどおりのヘアスタイルに仕上げてくれます。

③安心して紹介できる

紹介して、もし相手が気に入らなかったら、自分が信用を失ったり評価が下がったりするので、どうしても慎重になります。
その点、ここに挙げた3つのお店は安心して紹介できます。

撮影場所:モダンタイムス(2014年)

これってビジネスでも一緒ですね。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録