恐妻家の掟』11番目の言葉。

「あのとき、あんなこと言わなきゃよかった」
そんな後悔をよくする方にピッタリな言葉です。

例えば、悩み相談の場面。
相手はただ聴いてほしいだけなのに、途中で相手の言葉を遮って得意満面にアドバイス。
「いいこと言ってるな~」
と思っているのは自分だけ。

話を聴いている相手は
「なんで、こんな人に相談しちゃったんだろう」
途中からうんざり…
その方は二度とあなたに相談することはないでしょう。


そうならないために押さえておきたいのが『ひとこと多いと知っておく』
口は災いのもと。
思いついたらすぐ伝えるのではなく、一呼吸おいてから伝えましょう。

大谷更生が悩み相談を受けたとき、最初に考えるのは「相手が何を求めているか?」
①答えがほしい
②ただ聴いてほしい
たいてい②モードでいれば、大きく外すことはありません。
これは男性でも女性でも同じです。

口が滑って地雷を爆発させないよう、ご安全に…。

フェイスブックページ『全国恐妻組合連合会』
https://www.facebook.com/znkkr/

恐妻家の掟:詳しくはこちらをクリック

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録