◆1/21(火)ロジカルライティング(新潟)
移動距離:661.8km
移動時間(往復):約6時間
◆1/22(水)キャッシュレス決済(湯浅:和歌山)
移動距離:1360km 
移動時間(往復):約11時間
◆1/23(木)ロジカルシンキング(日本橋:東京)
移動距離:26.2km
移動時間(往復):約2時間
◆1/24(金)パソコン整理術(新庄:山形)
移動距離:842km
移動時間(往復):約9時間

移動距離合計:2,895km
移動時間合計:28時間

これが大谷更生の直近1週間の移動距離と移動時間、けっこうなボリュームですよね。
この移動時間を大谷更生がどう過ごしていたか、参考にご紹介します。

講師リハーサル

準備したテキストを確認しながらパワポのスライドを再生して、抜け漏れ、つじつまが合わない、流れがスムーズでない箇所がないかを最終チェックします。
◆ロジカルライティング


◆キャッシュレス決済


◆パソコン整理術


通しでリハーサルしておくことで、本番で落ち着いて講師を務めることができます。

報告書作成

帰りの車内で研修会社に提出する報告書を作成します。
講師を終えた直後で、現場の記憶が鮮明なうちに取り掛かることで、スムーズに作成することができます。

アイデアを練る

今週末に収録予定の10分スピーチの構想は和歌山往復の新幹線車中で練り上げました。

読書

鞄の中には必ず本が入っています。
1/24(金)新庄出張には↓を持っていきました。
2049年「お金」消滅』(斉藤 賢爾さん)

動画を見る

ふだん、なかなか腰を落ち着けて向き合うことが難しい、長時間(60分以上)の動画を選んでいます。

ボーっとする



何も手がつかないときは、外の景色を眺めながらボーっと過ごしています。
ウトウトしてしまうこともありますが、それはそれでリフレッシュできてありかなと。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録