3/29(金)は朝から汐留に出没。
目的は「キャッシュレス社会 そしてその次へ」というイベントでした。


5月~6月にかけてキャッシュレス対応セミナーに3回登壇するため、何かネタがあればと思って参加しました。

大谷更生が滞在したのは10時~15時まで。
◆キャッシュレス決済のコンサルタント
◆広告代理店のビジネス共創ユニット
◆経済産業副大臣
◆経済産業省 消費・流通政策課長
◆コンサルティングファームの上級研究員
◆Fintech協会代表理事会長
◆ファッションモデル
◆ポイントプログラムのポータルサイト運営者
◆大手金融機関役員
さまざまな立場の方々がキャッシュレスを語っていました。

印象に残った話題

◆スウェーデン
現金使用率1.7%

◆経済産業省のキャッシュレス施策
・手数料上限3.25%
・手数料の1/3を政府が負担
・決済端末費用を政府が負担

◆中小事業者のキャッシュレス決済導入比率
35%

◆ロンドン交通局
2015年に完全キャッシュレス化を実現
非接触決済

◆英国の決算手段別件数推移
2017年の決済件数でデビットカードが現金を上回った

◆2019年
キャッシュレス元年
キャッシュレスプレミアムフライデー

◆キャッシュレス対応事例
スーパーセンタートライアル アイランドシティ店
カスミストア筑波大学店

◆中国のキャッシュレス事情

・店舗QRコード読み込み時は1日500元の利用制限あり
・リープブロック現象(途中の段階を飛び越し、先端に到達すること)
・銀聯(ぎんれん)カードはインフラ整備
他地域で作ったカードが使えるように
・アリペイ、ウィチャットペイ
自国民は便利、他国民は不便
・スリは外国人を狙っている

◆QRコード統一
3/29(金)経済産業省プレスリリース
統一QRコード・統一バーコード仕様策定

◆データを使うメリット
例)クーポン配布
例)病院(中国)
診察予約や電子カルテ含めてワンストップで対応できる
例)パスポート(中国)
全国どこでも発行できるようになった

◆キャッシュレスはどう進化するのか?
通貨に用途がある、時間軸がある、意味がある


◆キャッシュレスが遅れている業界
教育
インバウンドの影響度と比例しているかも

◆送金機能の普及
おさい銭、お年玉、ご祝儀がなくなる

◆J-Coin PAY


仕入れたネタ、今後のセミナーに活かしていきます。